2017年01月31日

2016年に獲得したマイル

5A6A900F-1DDF-4478-BBBD-50738F01D22A.jpg


そういえば2016年に貯めたマイルはいくらなのかな

ふと思い立って、換算してみました。
2016年といっても10月からなので3ヶ月なのですが

※端数は省いてます。

ハピタスポイント→72000ポイント
ジーポイント→6700ポイント
ポイントタウン→560000ポイント
チョビリッチ→20000ポイント

約11万円程度のポイントが、
溜まっています。

マイルにすると、
95000マイルくらいになります。

ざっくり計算ですみません。

95000マイルで何ができるかというと、
沖縄往復12000マイル
ハワイ往復42000マイル
アメリカ往復60000マイル

こんな感じです★
沖縄なら家族6人で
ハワイなら2人で
アメリカは1人でいけますね?


どうでしょうか?
ちなみに今ならこのちょびリッチという
サイトから
初年度無料で
カードを作るだけで1万マイル、
更にアマゾンのギフトカード
25000円分がついてきます!

このチャンスは年に一回!

44CCB8FC-49FA-4642-A73C-DA8994C9B50D.png

このQR からも申し込みできますよ
よければ是非!

審査ゆるゆるキャンペーンなので
たいていの方は通ると思います

posted by Kana ママ at 17:50| Comment(0) | マイルでタダ旅行 | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ゴールドカードを作りました!

3E1C7759-D326-4D19-A981-1C02F1FC97AD.jpg

人生初のゴールドカードは

アメックス(アメリカンエキスプレス)
で作りました〜

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』でポイントが貯まってとってもお得♪
http://www.chobirich.com/ad_details/113007/?utm_campaign=social_btn&utm_content=3057772&utm_medium=social&utm_source=mail


ゴールドカードの審査基準となる収入は
一般的に500万円以上と言われています。

頑張ればなんとか持てそうですね

でも、仕事をしていない主婦や
パートタイマーの方はなかなか
年収500万のクリアはできません。

普通は。


しかし、ある方法で
世界的にステータスの高いアメリカンエキスプレスゴールドカードを持てる方法があるのです。


その方法はまた次回お話しますね

まずはアメリカンエキスプレスゴールドを持つメリットはなんなのかをお伝えします。


私はマイルを貯めて
家族で海外旅行によく行くのですが

その際に、トランジットで待ち時間が長い時子連れだと一気に疲労が溜まります


こどもが疲れて発熱したこともありました。
他にも、空港までこどもの手を引きつつ
スーツケースを押す。

そして空港で迷子になる。なんてことも




そんな時ゴールドカード💳があれば

★スーツケースを空港まで、
または空港から自宅までタダで郵送できる


★空港ラウンジが無料使用

★海外旅行保険がついている

★安くタクシーやホテルを手配もしてくれる



こんなメリットが!

年会費も高いのですが、
初年度無料だったり
カードを作る時に2万ポイント(2万ポイント)還元されるキャンペーンもあり

その他もろもろメリットはあるのですが


プラマイプラスになると判断したからです


是非、ゴールドカードを💳持ってみては?

ポイントサイトからだと
高ポイントを貰えるのでマイルも一気にたまるのです

」『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』でポイントが貯まってとってもお得♪
http://www.chobirich.com/ad_details/113007/?utm_campaign=social_btn&utm_content=3057772&utm_medium=social&utm_source=mail



posted by Kana ママ at 19:18| Comment(0) | マイルでタダ旅行 | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

カナダの子育て事情

カナダではたくさんの子どもが
公園やシティにいます。

0DD285F8-37ED-4F6E-B230-85FA4391DB59.jpg
公園でははしゃいでいた子どもも、

大人と一緒に高級レストランに入り
上手にフォークとナイフで食べます。

お店の人も、子どもを一人の客として
尊重します。


公共の場で口うるさく注意しません。


こういった大人の場では
決して子どもを子ども扱いしません。



また、決して子どもに手をあげない

ということも徹底しています。



日本では割と頭をペチンッなんて光景

見たりしますが



欧米、特に北米でそれをやると

逮捕されることもあり ますので

ご注意ください。



どちらの教育が良いとかはないのですが

参考にしたいなぁと思う部分も

たくさんあります!



海外に行かないと自分の教育が正しいのか

考えることさえしませんでした。



子どもも、海外に出るようになって
たくさんの人種と触れ合い

日本の良さ、悪さなど
たくさんの気づきを得ているようです。





こういった面からも

子連れ海外大変オススメです。




posted by Kana ママ at 09:58| Comment(0) | カナダ | 更新情報をチェックする